ハーバーインブログ>巾着船>試験操業 平成3年3月

2014年11月15日

試験操業 平成3年3月

試験操業 平成3年3月
試験操業の模様
自分のブログのアクセス数 上位100位 というのをみてみますと
1位から5位までが まき網船のことに関して書いてるのが独占しています  
 昔の牛深の巾着船の事に興味をもっておられる方が多いのが
わかりました     閲覧ありがとうございます

私には 過去をみても せんない事、、、、、と思うのと
観るにしのびなく 自分の人生の中に埋めてしまおうか と思いましたが
人生終盤頃になって 少しは 冷静に思い出として客観視できるようになりました

これは私の代になってからのことです
平成3年(1991年)
 本船(網船)を69トンから さらに大型化して
80トンに乗り換えたとき 牛深の片島近海での試験操業の模様です 
漁撈器機の最終点検目的ですので 魚を取り込むのはありません
網の長さは約1000m  深さは海面から 50m~100m下にいる魚群を捕獲します
  NHKの牛深特派員のかたが写されたのを保管してました(平成3年3月31日 AM5時 牛深出港)
投網から環巻き 揚網まで2時間の作業を短くまとめました


この当時は 牛深にまだ5ヶ統 大中型まき網が稼動していました
当時の最新式装備で 稼動しましたが 漁場枯渇で対象魚の減少、 国内の食文化の変化や輸入魚の増加
による魚価低迷、 労働力の高齢化、 世の中の変化に相応できませんでした

  ”昭和の終わり頃までは大中型、 大型まき網船は全国に約350ヶ統以上いたと思いますが
   現在はその3割位しか残っていないと思います
   現在 まき網船の 稼動している地域をみてみますと  条件として
   自船の船籍基地から 好魚場が近い所 (山陰の境港、千葉の銚子沖、五島の西沖など)
   そして その漁獲物の 巨大消費場が近くにあることろ
   いずれも 船の燃料費にウエイトのかからない地域が 残っているようです ” 
上記の”   ”内は私の私感ですので 間違っていたらすみません

 続きも 少しユーチューブにアップしてます  よろしかったら 観てください



同じカテゴリー(巾着船)の記事画像
ワン オブ 残党
第七満吉丸物語(昭和30年頃)
昭和20年代後半
数え甚句
昭和40年代の出港日
瀬戸脇
同じカテゴリー(巾着船)の記事
 ワン オブ 残党 (2017-05-16 15:44)
 第七満吉丸物語(昭和30年頃) (2016-07-09 17:38)
 昭和20年代後半 (2016-05-03 16:22)
 数え甚句 (2016-01-07 10:31)
 昭和40年代の出港日 (2015-08-26 10:45)
 瀬戸脇 (2015-07-10 17:01)

Posted by 波場印  at 18:26 │Comments(18)巾着船

COMMENT
まさしく 牛深風土記 波場印風土記ですね、 ”私には・・・客観視・・・”は同年輩の私も堪えました。 
そろそろ 秋モードの船旅日程、何処かの川を渡る小銭があれば・・と思っていますが、 埋めてしまうのはアキマセン、今までのお仕事柄みたいに・・パァーと まだまだポケットの中をご披露願います。 
 『ナダナ』 そして『試験操業』の記事は 私の転勤族人生・実家の小商いで触れ合った方々 (秋田 大潟村の大規模化から減反、青森 六ヶ所村の原発燃料処理、 石炭から石油へ そしてそれは 素材の変革(綿糸から化学繊維)、多くの船団(各種 ビジネスモデル)も 自然環境・社会環境の変遷と重ねれば何れも違うところはないのではと思います。

これからも波場印様のポケットを楽しみにしています。
Posted by 浪速のシルバー肥後もっこす at 2014年11月15日 21:57
波場印さん  懐かしいです
私も 19トン型ですけど 富岡で船頭をやっていたこともあり
涙が出てきました
牛深の満吉丸さんの噂もよく聞きましたよ
網元の子として生まれて 行く末は大体決まってますよね
これからもこの続きを乗せてください 
私の処には 写真すらないのです(><)
Posted by 民宿大漁丸民宿大漁丸 at 2014年11月15日 21:57
浪速のシルバー肥後もっこす様
「○○の来年、漁師の明日」で気質が残っているのか 何処かの川の船賃は
どうにかなるでしょう(笑)
気持ちを切替える という事は 大変難しい事ですが ブログのお陰、そして
それを解かってくださる方が 何処かに いてくださる からこそできること なのですね  
寒くなりました、 お身体 ご自愛ください
Posted by 波場印波場印 at 2014年11月16日 08:31
民宿 大漁丸様
いいのか 悪いのか 年取って羞恥心もプライド心も薄れつつ あります
「アクト ナチュラリー」で自分に正直に残りの人生を過ごしたいと思います
Posted by 波場印波場印 at 2014年11月16日 10:17
こんにちは。こちらも急に寒くなり乾燥しています。晴れていればいいのですが、
それ以外の天気ではかなり寒く感じます。
今回は貴重な映像をありがとうございました。
ブログアクセス数の1位から5位までまき網船のことなんですね。
それだけ待っていらっしゃる方が多いのですね。
興味深く読ませていただきました。
(何か書きたかったのですが、結局内容のないコメントになってしまい、すみません。)
Posted by す〜ちゃん at 2014年11月17日 16:32
す~ちゃん様
ホント、 こっちも寒いです、
今週は フェニックス ウイークですね  宮崎市内の 橘道りは 観光の
人たちが 多いでしょうね
そば焼酎飲んで地鳥の炭火焼 食べたいです
Posted by 波場印 at 2014年11月17日 17:59
牛深は中型巻き網の金字塔でしたよね❗もっとあの頃のリアルな時代の旋網漁船の写真を掲載してください❗カッコいいです❗
Posted by 天草灘 at 2015年03月27日 00:51
波場印様へ試験操業YouTube見たばってんたまがった~っす!乗組員に俺の同級生の矢田くんの親父がでとるっす!ただおさんの若さ~っ(笑)今でもよくただおさんが自転車でうろうろしよらすとばみかくいばってんなー(笑)今度同級生の矢田くんにYouTube見せときます(笑)
Posted by ハイヤ節 at 2015年03月30日 00:12
ハイヤ節 様
ご視聴 ありがとうございました、
本船の船長をしていただきました あの人は 私が巾着船で出会ったなかで一番 真面目で実直な人で 一番好きな人でした、
あごヒゲが伸びると どっちが頭か分からなくなる人です(笑)
いつまでも 元気でいてほしいですね よろしく おっしゃっておいてください
Posted by 波場印波場印 at 2015年03月30日 06:56
波場印さんがおっしゃるとおりです、真面目で無口で腕っぷしのゴツい親父さんでしたね!満吉丸が解散した後も作業船に乗っていたと聴いてました!作業船の表の綱がちぎれたときも、すぐにスパイキで直しよらしたって当時の乗組員が言いよらしたですよ!たしか矢田さんは当時作業船の鉄船の伝馬船に乗りよったとば港で見たことがあります!
Posted by ハイヤ節 at 2015年03月30日 21:50
波場印さんへ!矢田さんは天附春はえの岸壁でクレーンの荷のワイヤーがちぎれて、荷が海底に沈んだ時もパンツ一枚で巣潜りで玉掛けばしよらした話ば当時の北時の現場監督から聴いてました!ブロックの積み込み(急ぎ)だったと思います、とっさの判断だったのでしょう❗そんとき真冬の2月と聞いとります!矢田さん度胸ものですね!
Posted by ハイヤ節 at 2015年03月30日 22:13
ハイヤ節 様
早く 亡くなられましたが
あの人の奥様も笑顔の素敵な奥さんでしたよね、
巾着をしている時 もっと早く あんな人と 知り合ってればよかったと思いました
Posted by 波場印波場印 at 2015年03月31日 12:55
現在も昔の牛深船団の大中型旋網許可を譲り受けた業者(船団)は今も粘り強く頑張ってますね❗牛深豊漁丸の許可を譲り受けた長崎の哲丸が五島沖で捕った鯵を(ごんあじ)といってブランド鯵になってますよね❗
Posted by 天草灘 at 2015年04月24日 02:12
続き、それと牛深喜進丸の大中型許可を譲り受けた宮崎の金比羅丸が鹿児島沖で捕った鯵を(恵比寿鯵)といってブランド鯵になってるようですね❗
Posted by 天草灘 at 2015年04月24日 02:17
続き、それと牛深満吉丸の許可を譲り受けた五島昭徳様が唐津で鯵の塩漬け屋さんをやってるのは波場様のコメントを見て知りましたが、後程ネットで検索したらシーボーン昭徳と言う会社を設立なさってるみたいですね❗シーボーン昭徳の商品(玄鯵)と言う塩漬け(干物)もネットで見たのですがとても美味しそうでした!
Posted by 天草灘 at 2015年04月24日 02:32
天草灘 様
関アジ 関サバにあやかっているのでしょうね 牛深前沖のアジは 関アジには負けないくらいに美味いですよね
 しかし 鹿児島沖の クロアジは(シボカレアジ)は美味くなかったですね
Posted by 波場印 at 2015年04月24日 08:02
私のこだわりなんですが、牛深沖の巻き網物はやっぱり鰯が最高です!今も鰯の刺身はしょっちゅう食べてます!もし牛深にかつての19tの巾着船が4ケ統今も生き残っておられたら牛深沖で捕れた鰯を(牛深南風鰯)となずけてブランド化してほしかったです!
Posted by 天草灘 at 2015年04月25日 00:29
天草灘 様
「ハイヤ鰯 」 いいネーミングですね
脂ののった 大羽イワシは 旨いですもんね
牛深では オーバイワシ と言わないで ウバイワシと言ってました(笑)
Posted by 波場印 at 2015年04月25日 06:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。